売れ筋のサプリメントの真実を暴くサイト!最新のサプリ情報が満載です。

サプリメントメーカーのキャンペーンと言うのは小規模なものが多いですね。それは資本力に拠るものだといえます。わかりやすく言えば本当はブランドを立ち上げるために大々的にキャンペーンを行いたいと言うのが本音なのですが、資本力が無いためにそれが難しいと言うことなのです。化粧品のキャンペーンを見てみると資生堂などの有名メーカーのキャンペーンや味の素が最近力をいれているジーノを試すというキャンペーンをみるとわかるように、新聞の一面を使ったりあるいはテレビや雑誌などとのクロスメディア戦略とよばれるような方法で露出を増やしています。そうすることによりパッケージなどを「見たことがあるので安心」というイメージに仕上げていっているのです。そのように考えると最初にお金をかければかけるほど売れると言う方程式がなりたちますね。つまり投資と回収のモデルがなりたっているのです。サプリメントの世界でもそれは同じで大きなお金をかけて広告すると大きく売れると言う法則は変わらないのです。ある程度露出をふやさなければどんなに良い商品を作っても売れないと言うのが今日の日本の販売のあり方ではないでしょうか?

コメント

コメントする